草津温泉 大滝乃湯

草津温泉 大滝乃湯

温泉番付で東の大関(横綱がないので最高位)とも言われる草津温泉のなかで、もっともポピュラーで最も人気のある日帰り温泉です。(西の大関は有馬温泉だそうです。)
そういう意味では、日本一の日帰り温泉と言えるかもしれません。
1年を通して人気があり、混んでいる温泉です。春は花、夏はハイキングや避暑、秋は紅葉、冬はスキーと草津に訪れる多くの人が日帰り温泉として利用する温泉です。
草津温泉 大滝乃湯大滝乃湯

館内には色々な温泉があり、内湯、露天、打たせ湯、サウナ、合わせ湯などがあります。
また、休憩所(無料、有料)、レストラン、売店が館内にあります。

お湯は草津特有の少し白濁したお湯で、白い湯の花も浮んでいます。温度は適温で掛け流しです。(草津で温泉と名乗っている場所は全て掛け流しです。)
効能は、昔から「恋わずらい」以外は何にでも効くといわれてきていますので、何にでも効くのでしょう。

テレビの温泉番組などで取材され有名になった、配管清掃日の『湯の花白濁の日』は月2回行われています。濃厚な草津の湯を体感した人は確認してから行きましょう。(このページ下部に情報あります。)
配管清掃の日は、配管の内側に付いた大量の湯の花が湯船に流れ込むため濃厚なお湯を楽しむ頃ができ、これを狙って全国の温泉ファンが押し寄せます。(私には普段でも十分濃いと思いますが…)

聞き慣れない「合わせ湯」とは、温度の違う5つの湯船(38〜46度)があり、これを温度の低い湯船と高い湯船を交互に入っていく草津に昔からある入浴法です。(体調がよいとき以外は、46度に入るのは本当にやめたほうがいいです。)

データ

住所 群馬県吾妻郡草津町大字草津596−13
TEL 0279−88−2600
交通 関越自動車道渋川ICから国道17号線を沼田方面に向かい、吹屋交差点から国道353号線で草津方面へ。
中之条町を過ぎ、JR吾妻線 長野原・草津口の駅前を草津方面に進み、しばらく走ると草津温泉です。
草津の温泉街方面に進み「大滝乃湯」という標識に従って進みます。
湯畑からは徒歩で約5分です。
公式サイト http://www.kusatsu.ne.jp/otaki/otaki/
泉質 酸性硫黄泉
効能 「恋わずらい」以外は何にでも
神経痛、リューマチ、皮膚病、婦人病など
入浴料金 大人800円、子供400円
営業時間 9:00−21:00(入館は20:00まで)
定休日 無休(不定期で休みあり)
駐車場 100台

補足情報

湯の花白濁の日(配管清掃日)は、第2、第4土曜日に行われます。

温泉紹介(写真なし)

相互リンク

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2015 群馬の日帰り温泉. All Rights Reserved.